玉川キャンプ村ソロサイト

オートキャンプ場 キャンプ場 区画サイト 場内温泉 山梨 湖・川 直火可 釣りができる

2021/7/14

【山梨】都心から2時間!山梨の穴場キャンプ場、玉川キャンプ村でソロキャンプしてきた┃釣り、予約方法、混雑状況、おすすめサイトは?

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 魅力的なキャンプ場が数多く集う山梨県。 富士山、湖、夜景など自然の魅力がたっぷりあり僕自身も山梨県が大好きです。 今回ご紹介するのは東京と山梨の県境にある都心から2時間程度の穴場キャンプ場、「玉川キャンプ村」を紹介していきます! 目次1 玉川キャンプ村の魅力1.1 都心から2時間で行ける好アクセス!1.2 キャンプ場に露天風呂がある1.3 川遊びが可能!子どもが遊べる遊具も!1.4 釣りができる2 玉川キャンプ村の紹 ...

続きを読む

【山梨】四尾連湖キャンプ場でソロキャンプ!○つの魅力や料金、混雑情報、注意点を公開!

キャンプ場 フリーサイト 夜景 山梨 湖・川 釣りができる

2021/6/3

【山梨】四尾連湖キャンプ場でソロキャンプ!3つの魅力や料金、混雑情報、注意点を公開!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 四尾連湖しびれこキャンプ場はかの有名なキャンプアニメ「ゆるキャン」で一躍名が広まったことで知られるキャンプ場です。 かつては知る人ぞ知る穴場のキャンプ場だったのですがアニメ効果や昨今のキャンプブームで今ではすっかり有名となりました。 遅ればせながらそんな四尾連湖キャンプ場にソロキャンプに行ってきましたのでその魅力を紹介していきたいと思います! あき夜景の見える温泉も紹介するよ〜 目次1 四尾連湖キャンプ場の魅力1.1 ...

続きを読む

ソロキャンプ用のウッドテーブル,リトルブレイクスタンドのレビュー

キャンプギア テーブル ネイチャートーンズ

2021/5/27

超便利!おしゃれでコンパクトになる多機能テーブル、ネイチャートーンズのリトルブレイクスタンドのレビュー

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさんキャンプでテーブルは何を使っていますでしょうか? 僕はバイクでキャンプがメインなのでコンパクトに折り畳めるテーブルを多く持っています。 僕はキャンプ用のテーブルだけでも8種類は持っているくらい大のテーブル好きです。 今回は今まで使ったテーブルの中でも特に使い勝手の良かったネイチャートーンズのリトルブレイクスタンドの紹介をしたいと思います。 ネイチャートーンズとは? 福井県に本社を構え、金属製品などに特殊コーテ ...

続きを読む

ソロキャンプにおすすめなウォータージャグ

キャンプギア モンベル

2021/5/27

【ソロキャンプに最適】コンパクトに折り畳めるジャグ!?モンベルのウォータージャグがキャンプでおすすめな理由

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさん、キャンプでウォータージャグは使っていますでしょうか? ウォータージャグってかさばるし、重いし必要なときにだけ水を汲みにいくから必要ない!って思う方もいるかもしれません。 僕は年間50泊以上キャンプに行きますがその中で確立したスタイルとしてなるべくキャンプサイトから動かないサイト作りというのを目指しています。   確かにウォータージャグはかさばるし重いものも多いとは思いますがそこはバイクでいつもソロ ...

続きを読む

キャンプギア テーブル ベルモント

2021/5/25

耐熱テーブルにもなるのにおしゃれで軽量コンパクト!ベルモントの「ヤマタク」がソロキャンプにおすすめな理由!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 ソロキャンパーの皆さん! 普段ミニテーブルって何を使っていますでしょうか? 有名どころで言えばSOTOのフィールドホッパーやキャプテンスタッグのアルミローテーブルあたりが人気ですよね。 あきもちろん僕も両方持っています ただアルミも無骨でいいけど自然と調和するようなウッドテーブルも捨てがたいです。 今回僕が紹介するのはキャンプの雰囲気に絶妙にマッチする木製のベルモントの「ヤマタク」というミニテーブルをレビューしていき ...

続きを読む

焚き火用手袋がおすすめな理由

キャンプギア

2021/5/25

【焚き火手袋】コスパ最高!耐熱性バツグン!焚き火での使用に特化した「エクストラガード焚き火」がおすすめな理由

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさん焚き火をしたり熱いものを持つ際に耐熱手袋は使っておりますでしょうか? 耐熱手袋は熱さから手を守るのはもちろんペグをハンマーで叩いたり薪割りやフェザースティックを作るときに手を保護するためにも使用でき以外と使用シーンは多いものです。 あきただ焚き火手袋って分厚かったりサイズが大きかったりと可動性がしっくりこないものもある・・・ 安全の面では仕方ないとはいえやっぱり取り回しは重要だよねこつぶ ですよね・・・。僕も ...

続きを読む

ソロキャンプで山ケトル

キャンプギア ユニフレーム

2021/5/25

【軽量・コンパクト】コーヒーを美味しく。ユニフレームの山ケトルがソロキャンプで使うのにおすすめな理由!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 皆さんキャンプでケトルって使っていますか? 僕はキャンプを始めてから約2年近くケトルというものに興味がありませんでした。 しかし最近キャンプでコーヒー作りにハマってしまってしまったんです。 昔はマグやシェラカップなどにお湯を入れてドリップしていたんですがお湯の出方も不規則でカップの縁を伝ってお湯が垂れなんか汚い・・・ あきどうせだったら美しくお湯を注ぎたい! そう思い始めてしまったんです。 そこでいろいろなケトルを検 ...

続きを読む

富士見の丘オートキャンプ場のブログ,混雑,サイト状況

お湯が使える オートキャンプ場 キャンプ場 フリーサイト 区画サイト 夜景 富士山が見える 静岡

2021/5/19

【静岡】夜景と富士山が眺められる富士見の丘オートキャンプ場でソロキャンプ┃混雑情報・周辺温泉・予約方法は?

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 キャンプといえば富士山! と勝手に思っているのは僕だけでしょうか。 今回はそんな壮大なる富士山をかなり近い距離で見ることができる静岡県富士市の富士見の丘オートキャンプ場の魅力をたんまり紹介していきたいと思います! なんでも公式ツイッターによると2021年にオープンしたばかりの新しいキャンプ場とのことです。 それではレビューしていきましょう〜! おすすめのサイトももちろん公開!こつぶ 目次1 富士見の丘オートキャンプ場 ...

続きを読む

オートキャンプ場 キャンプ場 区画サイト 場内温泉 栃木 湖・川 釣りができる

【栃木】キャンプ場の中に温泉!?キャンプも温泉も楽しめる鬼怒川温泉オートキャンプ場でソロキャンプしてきた。

2020年5月21日

\このページをSNSでシェアする/
あき
キャンプした日の夜、寝る前に温泉入りたい。酒飲んだからバイク運転できない。
風呂入った後に酒飲めばいいだろ
こつぶ

キャンプで入る温泉というものはまた格別で普段入る温泉とまた一味違う気分になるのは僕だけでしょうか?

キャンプまでの道のりや設営の疲れ、焚き火の臭いやキャンプの過程でできた汚れなどを一気に温泉で洗い流し清潔な身体で就寝する。それが近場ですぐに可能ならば気持ちのいいものですよね。

あき
俺は設営中から酒を飲むし、バイクでしか行けない距離に温泉があるとその日は入れないんだ
あー。。。じゃあキャンプ場の中に温泉のある鬼怒川温泉オートキャンプ場がいいぞ
こつぶ

鬼怒川温泉オートキャンプ場の魅力

鬼怒川温泉オートキャンプ場は栃木県日光市にあるキャンプ場で一番の目玉はその名の通り、温泉施設源泉「上滝乃湯」がキャンプ場の中にあるということです。

「上滝乃湯」は露天風呂から鬼怒川を眺めることができ、それが500円という安い値段で入るとができるのも魅力の一つですね。

広大な山々にも囲まれ、目の前を鬼怒川が流れていて自然の美しさを堪能できるキャンプ場となっています。

キャンプ場自体は広くはないですがしっかりとした区画のあるオートキャンプ場で、一本道なので小さなお子様がご一緒の方でもはぐれることも少なそうなファミキャンの方にも安心できるキャンプ場です。

受付

東京から下道で約3時間半、国道121号に乗り鬼怒川温泉オートキャンプ場に到着。写真が管理棟です。

売店の品揃えは豊富にあり、なにか忘れてしまった場合でもちょっとしてものであれば売店で補えそうですね。

内部はまるでおばあちゃん家のような昔ながらの雰囲気を漂わせる受付です。

あき
おお、酒も中々良心的な価格。
温泉もあるから酒が進みそうだし、切らした時すぐに買えるのは嬉しいね
こつぶ

一応キャンプ場から車で10分くらいの距離にも「ローソン鬼怒川滝店」があります。

売店の営業時間は20:30までなので買い出し時は営業時間に注意してください。

薪は一束800円とちょっとお高めです。取り敢えず一束購入してキャンプサイトへと向かいましょう。

キャンプサイト

キャンプサイトへの道なりはとてもシンプルで受付からこのような一本道で進みます。体感ですが受付から一番奥のキャンプサイトまで約4,50mくらいでしょうか。

鬼怒川温泉オートキャンプ場はオート区画サイトで区画内に車やバイクの乗り入れが可能です。

広さは大体車一台と2〜3人のテントが2張くらい設営できそうな広さですかね。

キャンプサイトからは鬼怒川を眺めることも可能です。画像は椅子に座った時の視点です。

鬼怒川で川遊びもできるので夏なんかはアクティビティが増えて楽しそうですね。

施設

出典:鬼怒川温泉オートキャンプ場HP

鬼怒川温泉オートキャンプ場の全体マップです。

今回僕が設営したのはテントサイトの一番左下のあたりでした。

テントサイトでもバイクの乗り入れは可能だったのですがオートキャンプサイトとテントサイトの違いがちょっとわからなかったです。

炊事場

マップでいう水場がこちらです。屋根もあるので雨の日でも安心して洗い物ができますね。

釣り堀

キャンプ場内には釣り堀があり釣った魚をその場で焼いて食べることができます。

釣り竿レンタルが200円、釣った魚はリリース不可で500円で買い取ります。

100円を払えば綺麗に内蔵などを取り除いてくれ焼いてくれますが自分で調理することも可能です。

いずれにせよ貴重な体験になりお子様も喜ぶと思います。

あき
魚と打つと肴と初めに変換される
酒飲みあるあるだね。ってどーでもいいわ。次
こつぶ

トイレ

トイレは綺麗でした。奥の扉のトイレの画像を撮り忘れてしまいましたが綺麗な洋式のトイレです。

ゴミ捨て場

こちらがゴミ捨て場です。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、ビン・缶など基本的なゴミを捨てることが可能です。

ゴミ袋は配布がないので数枚用意しておきましょう。

ゴミステーションの後ろに灰捨て場もありました。

あき
ゴミを引き取ってくれるのは帰りの負担も楽になるし本当にありがたい
感謝しろよな
こつぶ

温泉「上滝乃湯」

本キャンプ場メインディッシュの「上滝乃湯」です。管理棟のすぐ正面にあります。

改めてキャンプ場に温泉があるのは本当にありがたいですね。

入場時間は10:00〜20:00です(営業は20:30まで)。事前に何時に入るのかを決めておくといいですね。

あき
18時くらいまでだったら比較的空いているよ。19時過ぎから混むと管理人が言ってたよ

料金は中にある券売機で購入してチケットを受付で渡します。

料金は大人(中学生以上)500円、小人(4歳以上)300円です。

タオルは販売で250円かかりますが、自前のものを持ち込むことも可能です。

脱衣所にはロッカーとドライヤーがありました。

出典:鬼怒川温泉オートキャンプ場

温泉は大浴場と鬼怒川の山々が見える露天風呂があります。大浴場のガラスからは鬼怒川や山々の景色も見ることが可能です。

洗い場にはボディーソープとリンスインシャンプーは備え付けがありました。

鬼怒川の清流を聴きながら入る露天風呂もまた格別でした。静かで景色もとても良かったです。




ソロキャンプの様子

愛車のスーパーカブとアメニティドームSでパシャリ。

ここからは山がたくさん見えてのどかな風景が広がります。

ダッチオーブンでスペアリブを作ります。

それにしても火が舞い上がっていないのに炭ってすごい火力ですね。

ソロ用のダッチオーブンなので火の通りもすごく早いですね。すぐにグツグツ煮えてすごく美味しそうです。

小さくても性能は普通のダッチオーブンと何ら変わりません。

下記にリンクを貼りますのでソロ用のダッチオーブンを探している方は見ていただけると嬉しいです。


 

沸騰した後は炭の量を調節しながら一時間くらい煮込みました。

さて、、、料理もできあがったところで

あき
きゃんぱ〜い
いや〜風呂も入たことだし、あとは食って寝るだけ。最高だね。
こつぶ

風呂入ったあとだったので酔いの周りが早く、この後の写真は大したものは撮っておらず20時くらいには既に夢の中でした。

ちなみに朝起きて二度目の温泉に入りました笑 安くて近いってのはいいですね。

まとめ

ここのキャンプに行こうって決め手になったのは温泉が併設していたからなのですが温泉に思い立ったときに入れるのは想像以上に素晴らしいものでした。

自然に囲まれ施設も充実しており高規格なキャンプ場なのではないかと思います。

観光名所の日光も近いので帰り道など時間があれば立ち寄るのも面白そうですね。

山も多いので今度は紅葉の季節になったらまた行ってみたいキャンプ場でした。

あき
ではまた。楽しいキャンプライフになりますように。
キャンプ場データ
キャンプ場 鬼怒川温泉オートキャンプ場
住所 栃木県日光市鬼怒川温泉滝1053
営業期間 通年
予約方法 電話のみ
チェックイン/アウト IN 13:00〜17:00/OUT 8:00〜11:00
サイト状況 オート区画サイト 草地
直火不可 直火不可/焚き火台の利用は可
炊事場 2つあり/冷水のみ。
トイレ あり/洋式
シャワー 場内の温泉施設にあり。(利用は温泉入浴料の料金が発生)
周辺温泉施設 場内に「上滝乃湯」あり。大人500円、小人300円/受付時間10:00〜20:00(営業は20:30まで)
ゴミ 燃えるゴミ、燃えないゴミ、ビン、缶OK
電波状況(au) ★★☆☆(普通)
掛かった費用
区画料 @4000
管理費 @500
薪代(一束) @800
入浴料 @500×2回
合計金額 =6,300円

 




\このページをSNSでシェアする/

-オートキャンプ場, キャンプ場, 区画サイト, 場内温泉, 栃木, 湖・川, 釣りができる

Copyright© ひとりキャンプ部 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.