茨城

2024/2/19

【茨城】設備充実でブッシュクラフトにも最適!ソロだと激安の皆野キャンプ場のレビュー│予約方法や混雑具合は?

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 キャンプを続けていくと一度はブッシュクラフトに憧れたりするかたも多いのではないでしょうか。 だけど意外とやろうと思っても既に拾われているのかブッシュクラフトに適した木材がなかったりと人が多く出入りするキャンプ場では敵わない時もありますよね。 今回はそんなこれからブッシュクラフトを始めたいという方に必見! 茨城県にある「皆野キャンプ場」を現地に行ったならではのレビューをしていきます。 あき近くのコンビニ、スーパー、グル ...

続きを読む

ほおずき 黄ばみ 落とし方

メンテナンス

2024/2/5

【シェード交換の前に見て!】スノーピーク「たねほおずき」、「ほおずき」の黄ばみの取り方教えます。

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 スノーピークの定番人気ランタンの「ほおずき」と「たねほおずき」 他のメーカーからも出ていない唯一無二の個性ある形のスノーピークのこのランタンはキャンプサイトに癒やしを灯してくれます。 出典:スノーピーク公式サイト 美しい白いシェードに輝く暖色系の優しい明かりと風が吹くと揺らぐ姿はまるで自然とシンクロをしているよう。 しかし使い続けていくと・・・ スノーピークとは? キャンプ業界ではトップクラスの知名度のあるメーカー。 ...

続きを読む

トレッキングパッドレビュー

テーブルギア

2024/2/1

【新たなソロテーブルの定番!?】軽量・スリムでデザインもイケてるトレッキングパットをレビュー

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 キャンプでの必需品であるテーブル。 食事をするのはもちろん、小物置きとしてしようしたりなど活躍の場が多いですね。 ソロキャンプであれば更に持ち運びしやすい軽量でコンパクトなテーブルを求めたいもの。 今回はベルンのトレッキングパットを実際に購入したならではのレビューや口コミに関する補足をしていきます。 VERNE(ベルン)とは? 韓国発のギアブランド。折りたたみテーブル「トレッキングパット」で日本でも一躍その名を轟かせ ...

続きを読む

初心者

2024/1/29

【ソロキャンプ初心者向け】ソロキャンプって一泊二日でどれくらいかかるの?累計260泊以上の現役ソロキャンパーがお答えします!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 これからキャンプを始めたい! けど一回あたりの何にお金が必要で1回あたりの費用ってどれくらいかかるんだろう・・・? そんな初心者さん向けに累計260泊以上ソロキャンをしているソロキャンパーが実際に掛かるリアルな一泊二日分の費用を大公開します! 目次1 ガソリン代(移動費)2 食材費3 キャンプ場代4 その他の費用4.1 外食費用4.2 温泉5 まとめ ガソリン代(移動費) まずは当たり前ですがガソリン代です。 大体自 ...

続きを読む

バイクソロキャンプ 必要なもの

初心者

2024/1/28

【バイクソロキャンパー必見!】ソロキャンプで使えるおすすめの1軍ギアを大公開!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 突然ですが僕はバイクでキャンプに行くソロキャンパーです。 2019年に初めてソロキャンプにいき一気にはまって2023年12月現在計260泊以上バイクとともにキャンプを体験していました。 それはもう雨の日も風の日も炎天下や極寒、時には海を超えて島キャンプをしたりといつでもバイクと一緒でした。 ここまで出来たのはいつも一緒にあったバイクとキャンプギアのおかげです。 何度も何度も自然の脅威から守ってくれ、腹を満たしてくれ、 ...

続きを読む

クロちゃん自由キャンプサイト 薪使い放題 レビュー

埼玉

2024/2/6

【埼玉】ソロキャンの聖地なるか!?一泊600円、薪使い放題、イン・アウト自由のクロちゃん自由キャンプサイトでソロキャプ

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 わらじカツや氷柱で有名な埼玉県秩父郡。 某アニメの聖地にもなり自然も豊富で近年ひっそりと賑わっている埼玉県が誇る場所でもあります。 そんな秩父に2021年頃にできた発展途上ではあるけれど野営好きにはたまらないキャンプ場を発見しました! 今回はそんな秩父から「クロちゃん自由キャンプサイト」を現地に行ったならではのレビューや口コミに関する補足をしていきます。 あき近くのコンビニ、スーパー、温泉、グルメスポット情報も載せて ...

続きを読む

フィールドギア

2024/1/25

【ランタンや懐中電灯にも】ソロに最適な3WAYの使い方ができるミニマライトの使い勝手をレビュー

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 静寂に包まれた森の中、あたりは焚き火の爆ぜる音や虫の声だけの世界。 そんなキャンプの夜を雰囲気を決めるのはランタンの明かりといっても過言ではありません。 しかし自分はバイキャンパー。 たとえおしゃれでも大きいランタンは持ち運べません。 そこで今回紹介するのはバイクキャンパーでも持ち運びが楽な小型のランタンの紹介です。 今回は5050WORKSHOPのミニマライトを実際に購入したならではのレビューや口コミに関する補足を ...

続きを読む

調理器具

2023/12/11

【ソロ鉄板はこれで決まり】ベルモントの極厚鉄板がバイクソロキャンプに最適な性能だったのでレビュー

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 鉄板。 なんという男心をくすぐる無骨な響き。 キャンプ飯といえば焚き火の中に鉄板を放り込み肉をガシガシ焼きたいではありませんか! そんなバイクソロキャンパーの僕がソロキャンプでかつバイクでも持ち運びやすく無骨でカッコイイ漢の鉄板を見つけました。 今回はベルモントの極厚鉄板を実際に購入したならではのレビューや口コミに関する補足をしていきます。 ベルモントとは? 金物の街、新潟県三条市にあるアウトドア、釣具用品メーカー。 ...

続きを読む

※本サイトはプロモーションが含まれています。

フィールドギア

【ランタンや懐中電灯にも】ソロに最適な3WAYの使い方ができるミニマライトの使い勝手をレビュー

\このページをSNSでシェアする/

あき
こんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。

静寂に包まれた森の中、あたりは焚き火の爆ぜる音や虫の声だけの世界。

そんなキャンプの夜を雰囲気を決めるのはランタンの明かりといっても過言ではありません。

しかし自分はバイキャンパー。

たとえおしゃれでも大きいランタンは持ち運べません。

そこで今回紹介するのはバイクキャンパーでも持ち運びが楽な小型のランタンの紹介です。

今回は5050WORKSHOPのミニマライト実際に購入したならではのレビューや口コミに関する補足をしていきます。

5050WORKSHOPとは?

フィフティーフィフティーワークショップと読む。アウトドアだけでなく普段使いでもできるような機能性高いギアの開発を目指すガレージブランド。黒色系の色展開が多くブラックキャンパーにも人気。





ミニマライトの特徴

特徴①軽量コンパクトスリム

ミニマライト スペック レビュー

ミニマライトはとってもスリム!

重さもわずか105gと軽いのでカラビナやネックストラップをつけて夜出歩く時に服につけてても全く苦ではない重さです。

ミニマライトレビュー

小さく形状も筒状なのでちょっとしたスペースにもしまいやすく持ち運びしやすいです。

特徴②暖色・昼白色で切り替えられる

左:暖色 右:温白色

色は暖色系/温白色の2パターンです。

切り替えは本体のスイッチを押すことで温白色⇔暖色と切り替えられます。

あき
個人的には暖色ライトは必須です。

特徴③ハンディライトモードが搭載

ミニマライト使い方

ミニマライトはランタンとしての使い方だけでなくハンディライトモードがあり前方を非常に広範囲で照らすことが可能です。

ハンディライトモードはスイッチを押すたびにハンディライト⇔ランタンと切り替わる仕様です。

写真上:通常照射モード 写真下:ズーム照射モード

ハンディライトモードでは照射範囲を調整することが可能です。

通常時では付近前方を明るく照らしますが赤丸の部分を引っ張ることにより遠く離れた場所もズーム照射が可能になります。

引っ張り具合によって照射範囲も自由に調整が可能です。

実際にハンディライトの実力を見てみます。

ここはとある山の中の画像。

前方にテントサイトの明かりが見えますが足元が完全に見えない真っ暗な状況です。

通常時のハンディライトの照射範囲はこのような感じです。

広範囲に明かりが広がり前方がくっきりと見えるようになりました。

通常の使用の範囲ではこの状態が一番使いそうですね。

ミニマライト レビュー

ミニマライトのハンディライトは明かりの照射範囲を絞ることができ上の画像は最大までズームしたものです。

前方周囲の明かりは少し暗くなりますがズームアウト時の比べ上の画像ではぼやけていた森の陰影もくっきり見えるようになりました。

ミニマライト ハンディライト レビュー

使用シーンのイメージとしては前方になにかあるのはわかるけど何だかわからない場合などでしょうか。

ミニマライト ハンディライト レビュー

ズームすると対象のものにしっかりと光があたり物体などを把握することができます。(ちなみに画像は公衆トイレです)

その範囲は最長で脅威の100m!

暗闇で遠くにいる動物などを早く発見して危機回避することもできそうですね。



特徴④ランタンモードでは最大200lmとソロキャンプでは十分な明るさ

ミニマライト ソロ 明るさ

温白色:200lm

ミニマライト ソロ 明るさ

電球色:180lm時

ランタンモードでは温白色時で最大200lm電球色で180lmです。

ソロキャンプの範囲では十分に活動できる明るさです。

ミニマライト ソロ 明るさ

温白色:100lm

ミニマライト ソロ 明るさ

電球色:80lm時

温白色と電球色で一段階レベルを落とした時の明るさはこんなイメージです。

ミニマライト ソロ 明るさ

温白色:200lm

ミニマライト ソロ 明るさ

電球色:180lm時

先程の画像は引きでの画像ですが実際の活動エリアでの明るさイメージはこんな感じです。

キャンプサイト全体を照らせるほどの光量ではないですが椅子に座りながら調理などの作業も普通にできるくらいには明るいです。

ミニマライト ソロ 明るさ

電球色:80lm時

ミニマライト ソロ 明るさ

電球色:80lm時

明かりを一段階落とした場合での明るさイメージはこんな感じです。

この明るさだと作業自体はできますが少し心許ないのでサブランタンとしてスポットで明るさがほしいときに使うかテント内などでの使用を推奨します。

白色:最大200lm・最小100lm/暖色:最大180lm・最小80lm

ルーメン数(明るさ)の目安

100ルーメン:自分の周囲や手元・足元、小型テーブルを照らすのに最適。テント内であれば室内を十分に照らすことも可能。屋外使用時のソロキャンプでギリギリの光量。サブとして使うのが好ましい。

200ルーメン:ランタンの周囲3〜5m程度を程よく照らすことが可能。ソロならメインランタンとしても使える。ランタンとして実用的なのはこの辺から。

300~500ルーメン:ファミキャンなどでリビングスペースを十分に照らすことができるほどの明るさ。グループキャンプやファミリーをするなら最低この光量は欲しい。

1000ルーメン:キャンプサイトほぼ全域を照らすことが可能。グループキャンプやファミリーにオススメ。

光量の切り替えもスイッチを押していくだけで切り替わるので簡単操作でOKです。

点灯のおさらい(スイッチを押すたび)

OFF→ハンディライト(弱) →ハンディライト(強) →白色(弱) →白色(強) →暖色(弱) →暖色(強) →OFF

特徴⑤防水防塵仕様

防水防塵の規格はIP44です。

IP44というのは防水防塵の規格で44という数値はのは水や砂などの固形物からどれほど守れるかのレベルを表します。

44は直径1mm以上の砂などの固形物が入らず、あらゆる方向からの水しぶきを浴びても支障がないことを表します。

キャンプで使う分には十分なスペックと言えます。

特徴⑥緊急時にはモバイルバッテリーになる

ミニマライト モバイルバッテリー

ランタンやハンディライトの他、ミニマライトは緊急時にはモバイルバッテリーとして使うこともできます。

バッテリー容量は2500mAhで最近のスマホだと大体6〜7割ほどは充電できる容量です。

キャンプでモバイルバッテリーを忘れてしまった時などの緊急時にチャージャーや防災用品としても使用できるので困ったときにも安心ですね。

created by Rinker
フィフティフィフティワークショップ(5050Workshop)




商品スペック

ミニマライト商品スペック

パッケージ外観はこちら。

シンプルでいておしゃれです。

ミニマライト付属品

付属品は本体のほか、充電用のケーブルと説明書です。

ミニマライト充電

本体上部にはフックとシリコンカバーで防水・防塵仕様になっています。

ランタンフックの形状によっては別途カラビナをつけるなどしないと取り付けが出来ないタイプのものですね。

充電・給電・充電方法は嬉しいタイプCです。

給電はタイプAから。

スイッチは一個のみでここを押すたびにモードや明るさが切り替わっていきます。

ミニマライト特徴

本体の模様は個人的にはおしゃれで好きです。

created by Rinker
フィフティフィフティワークショップ(5050Workshop)

ちなみにもっと大光量のランタンを求めている方はルーメナー2もメインランタンとしておすすめです。

最大1500lmでファミキャンでも十分すぎる光量でバッテリー容量も10,000mAhもありモバイルバッテリーとしても使えます。

関連記事
ソロキャンプにおすすめのルーメナー2
【防水・防塵・最大1500lm】ソロキャンプ用ランタンなら「ルーメナー2」がおすすめ!その理由と使い方と購入レビュー!

続きを見る

ミニマライトのスペック
サイズ H123×W26.5×D26.5mm
重さ 約107g
カラー 黒・カーキ・シルバー
素材 アルミニウム(アルマイト加工)
バッテリー容量 2500mAh
稼働時間 各強モード 6h/各弱モード 10h
0からの充電時間 約5h
ハンディライトモード(lm) 強250lm 弱100lm
白昼色(lm) 強200lm 弱100lm
暖色(lm) 強180lm 弱80lm




まとめ

ミニマライトのおすすめポイント

  • 軽量コンパクトで持ち運びしやすい!
  • キャンプには十分な防水・防塵仕様
  • 暖色系の明かりでキャンプサイトの雰囲気を壊さない
  • ランタン・ハンディライト・給電の3WAYで使える!

ミニマライト注意点

  • ソロには十分な光量だが多人数ではサブランタンとして使うのを推奨。
  • ランタンフックの形状によっては取り付けに別途カラビナが必要

いかがでしたでしょうか?

軽量コンパクトでソロキャンプには申し分のない光量のミニマライト

ランタンはいくつももっていますが何故か無性に集めたくなるギアの一つです。

特にハンディライト機能は自分がもってるランタンでも持っていない機能でした。

キャンプサイトを照らしたりテント内を明るくしたり出歩きの際に使ったりと何かと色んな用途で幅広く使えるランタン。

すでにランタンをお持ちの方でもサブランタンとしてもおすすめしたいギアでした。

あき
それではまた。楽しいキャンプライフになりますように。




\このページをSNSでシェアする/

-フィールドギア

Copyright© ひとりキャンプ部 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.