茨城

2024/2/19

【茨城】設備充実でブッシュクラフトにも最適!ソロだと激安の皆野キャンプ場のレビュー│予約方法や混雑具合は?

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 キャンプを続けていくと一度はブッシュクラフトに憧れたりするかたも多いのではないでしょうか。 だけど意外とやろうと思っても既に拾われているのかブッシュクラフトに適した木材がなかったりと人が多く出入りするキャンプ場では敵わない時もありますよね。 今回はそんなこれからブッシュクラフトを始めたいという方に必見! 茨城県にある「皆野キャンプ場」を現地に行ったならではのレビューをしていきます。 あき近くのコンビニ、スーパー、グル ...

続きを読む

ほおずき 黄ばみ 落とし方

メンテナンス

2024/2/5

【シェード交換の前に見て!】スノーピーク「たねほおずき」、「ほおずき」の黄ばみの取り方教えます。

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 スノーピークの定番人気ランタンの「ほおずき」と「たねほおずき」 他のメーカーからも出ていない唯一無二の個性ある形のスノーピークのこのランタンはキャンプサイトに癒やしを灯してくれます。 出典:スノーピーク公式サイト 美しい白いシェードに輝く暖色系の優しい明かりと風が吹くと揺らぐ姿はまるで自然とシンクロをしているよう。 しかし使い続けていくと・・・ スノーピークとは? キャンプ業界ではトップクラスの知名度のあるメーカー。 ...

続きを読む

トレッキングパッドレビュー

テーブルギア

2024/2/1

【新たなソロテーブルの定番!?】軽量・スリムでデザインもイケてるトレッキングパットをレビュー

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 キャンプでの必需品であるテーブル。 食事をするのはもちろん、小物置きとしてしようしたりなど活躍の場が多いですね。 ソロキャンプであれば更に持ち運びしやすい軽量でコンパクトなテーブルを求めたいもの。 今回はベルンのトレッキングパットを実際に購入したならではのレビューや口コミに関する補足をしていきます。 VERNE(ベルン)とは? 韓国発のギアブランド。折りたたみテーブル「トレッキングパット」で日本でも一躍その名を轟かせ ...

続きを読む

初心者

2024/1/29

【ソロキャンプ初心者向け】ソロキャンプって一泊二日でどれくらいかかるの?累計260泊以上の現役ソロキャンパーがお答えします!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 これからキャンプを始めたい! けど一回あたりの何にお金が必要で1回あたりの費用ってどれくらいかかるんだろう・・・? そんな初心者さん向けに累計260泊以上ソロキャンをしているソロキャンパーが実際に掛かるリアルな一泊二日分の費用を大公開します! 目次1 ガソリン代(移動費)2 食材費3 キャンプ場代4 その他の費用4.1 外食費用4.2 温泉5 まとめ ガソリン代(移動費) まずは当たり前ですがガソリン代です。 大体自 ...

続きを読む

バイクソロキャンプ 必要なもの

初心者

2024/1/28

【バイクソロキャンパー必見!】ソロキャンプで使えるおすすめの1軍ギアを大公開!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 突然ですが僕はバイクでキャンプに行くソロキャンパーです。 2019年に初めてソロキャンプにいき一気にはまって2023年12月現在計260泊以上バイクとともにキャンプを体験していました。 それはもう雨の日も風の日も炎天下や極寒、時には海を超えて島キャンプをしたりといつでもバイクと一緒でした。 ここまで出来たのはいつも一緒にあったバイクとキャンプギアのおかげです。 何度も何度も自然の脅威から守ってくれ、腹を満たしてくれ、 ...

続きを読む

クロちゃん自由キャンプサイト 薪使い放題 レビュー

埼玉

2024/2/6

【埼玉】ソロキャンの聖地なるか!?一泊600円、薪使い放題、イン・アウト自由のクロちゃん自由キャンプサイトでソロキャプ

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 わらじカツや氷柱で有名な埼玉県秩父郡。 某アニメの聖地にもなり自然も豊富で近年ひっそりと賑わっている埼玉県が誇る場所でもあります。 そんな秩父に2021年頃にできた発展途上ではあるけれど野営好きにはたまらないキャンプ場を発見しました! 今回はそんな秩父から「クロちゃん自由キャンプサイト」を現地に行ったならではのレビューや口コミに関する補足をしていきます。 あき近くのコンビニ、スーパー、温泉、グルメスポット情報も載せて ...

続きを読む

フィールドギア

2024/1/25

【ランタンや懐中電灯にも】ソロに最適な3WAYの使い方ができるミニマライトの使い勝手をレビュー

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 静寂に包まれた森の中、あたりは焚き火の爆ぜる音や虫の声だけの世界。 そんなキャンプの夜を雰囲気を決めるのはランタンの明かりといっても過言ではありません。 しかし自分はバイキャンパー。 たとえおしゃれでも大きいランタンは持ち運べません。 そこで今回紹介するのはバイクキャンパーでも持ち運びが楽な小型のランタンの紹介です。 今回は5050WORKSHOPのミニマライトを実際に購入したならではのレビューや口コミに関する補足を ...

続きを読む

調理器具

2023/12/11

【ソロ鉄板はこれで決まり】ベルモントの極厚鉄板がバイクソロキャンプに最適な性能だったのでレビュー

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 鉄板。 なんという男心をくすぐる無骨な響き。 キャンプ飯といえば焚き火の中に鉄板を放り込み肉をガシガシ焼きたいではありませんか! そんなバイクソロキャンパーの僕がソロキャンプでかつバイクでも持ち運びやすく無骨でカッコイイ漢の鉄板を見つけました。 今回はベルモントの極厚鉄板を実際に購入したならではのレビューや口コミに関する補足をしていきます。 ベルモントとは? 金物の街、新潟県三条市にあるアウトドア、釣具用品メーカー。 ...

続きを読む

※本サイトはプロモーションが含まれています。

テーブルギア

【新たなソロテーブルの定番!?】軽量・スリムでデザインもイケてるトレッキングパットをレビュー

\このページをSNSでシェアする/

トレッキングパッドレビュー

あき
こんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。

キャンプでの必需品であるテーブル。

食事をするのはもちろん、小物置きとしてしようしたりなど活躍の場が多いですね。

ソロキャンプであれば更に持ち運びしやすい軽量でコンパクトなテーブルを求めたいもの。

今回はベルンのトレッキングパットを実際に購入したならではのレビューや口コミに関する補足をしていきます。

VERNE(ベルン)とは?

韓国発のギアブランド。折りたたみテーブル「トレッキングパット」で日本でも一躍その名を轟かせる。高級感があり独創的なデザインが多い。





トレッキングパットの特徴

特徴①コンパクトで軽い!

収納時のサイズ(本体)は31.4×10.8cmとコンパクトになります。

トレッキングパッド スペック

厚みはわずか約11mm(本体のみ)と非常に薄く高い携行性を誇ります。

重さもわずか230g(本体のみ)と驚異的な軽さです。

バックパッカーや追加でもう一台サブテーブルが欲しいなんて時の選択肢として断然アリですね。

トレッキングパッド スペック

トレッキングパッドはウレタン素材の収納ケース付きです。

収納した時は11.5mmの厚みになります。

トレッキングパッド スペック

ケースをつけた状態でも薄いままなのでバッグなどの余ったスペースにもスッと忍び込ませることも用意です。

特徴②収納ケースがそのままカッティングボードとしても使える!

トレッキングパット カッティングボード

先述の通り、トレッキングパットはウレタン素材の収納ケースが付属しております。

ただの収納ケースではございません。

収納ケースがそのままカッティングボードとしても扱える性能でできております。

トレッキングパッド スペック

水気に強いウレタン素材はボードに刃物の傷がつきにくいように表面に微細な突起が施されております。

大根のような根野菜をカットしても本体に傷がつきませんでした。

繰り返し使ううちに傷がつく可能性もありますが収納ケースとしてだけ使うかトレッキングパッドの性能を最大限に使うかはユーザー次第です。

トレッキングパットのレビュー カッティングボード

突起といっても触った感じはサラサラとしており手を滑らせても引っかかることはなくフラットな感じです。

なので突起で他のモノを傷つけたりするようなことはなさそうです。

特徴③風防としても使える!

トレッキングパッド レビュー

トレッキングパッドは横向きに置いても自立するので風防としても使うことが可能です。

湯沸かしなどする時は風防を使い食事をする時にはテーブルとして使うことで一台二役で荷物の削減も期待できます。

特徴④組み立てず広げるだけでも使える

トレッキングパット レビュー

公式の使い方の一つにトレッキングパッドは組み立てせず足を広げて一枚板として使うことも謳っています。

河原などごつごつしているような場所で平らな場所がシチュエーションの時などに役立ちそうです。

足を広げた分小物もたくさん置けるようになります。





商品スペックと使い方

トレッキングパッド スペック レビュー

仕様は以下の通りです。

トレッキングパッド仕様詳細

使用サイズ:幅31.4×奥行21.2×高さ8.5cm
収納サイズ:31.4×10.8×1.1cm
重量: 230g
素材:アルミニウム合金
付属品:収納ケース(ウレタン素材)

使い方

トレッキングパッド 使い方 レビュー

トレッキングパッドを展開するには手順があります。

複雑な工程はなく慣れれば10秒もあれば簡単に組み立てられます。

step
1
本体を裏返し足の部分を矢印の方向へ広げる

トレッキングパッド 使い方 レビュー

step
2
足を山折りに起こして赤丸の爪部分に押し込んではめる

トレッキングパッド 使い方 レビュー

step
3
ぐらつきがないようにしっかりと押し入れる

最初は固く感じますが馴染んでいくとスムーズに入り込むようになります。

step
4
裏返して完成

トレッキングパッド レビュー

両サイドの爪を引っ掛ければ完成です。

爪を引っ掛ける工程が最初は少し難しいですが2〜3回ほど組み立てると慣れるかと思います。





トレッキングパッドとフィールドホッパーとの比較

本体の薄さ

トレッキングパッドとフィールドホッパー本体の薄さ

ソロキャンプをしている人であればSOTOのフィールドホッパーをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

トレッキングパッドとフィールドホッパーの比較してみました。

フィールドホッパーとトレッキングパッドの厚みの比較です。

厚みの比較

フィールドホッパー:厚み19mm(本体)

トレッキングパット:厚み11mm(本体)/11.5mm(ケース収納時)

ケースをつけてもトレッキングパットの方に厚みでは軍配があがりますね。

テーブルの広さと重さ

テーブルの広さはこのような感じです。

広さの比較

フィールドホッパー:297mm×210mm×78(h)

トレッキングパッド:314mm×212mm×85(h)

トレッキングパッドの方が若干広いですが実用性ではほとんど影響がないと思われます。

重量の比較

フィールドホッパー:395g

トレッキングパッド:230g(本体のみ)/340g(ケース収納時)

総合的な軽さでもトレッキングパットの方に軍配があがります。

しかしケースだけで約110gはありますので登山やバックパッカースタイルの人には影響がありそうな重さですのでケースをつけるかつけないかはお好みで。

展開のしやすさ

フィールドホッパー バイクおすすめギア

フィールドホッパーは広げるだけなので展開のしやすさは圧倒的にフィールドホッパーの方が勝ります。

しかしフィールドホッパーは注意して持ち上げないと足が勝手に折りたたまれるので安定性という意味ではトレッキングパッドも負けてはいません。

個人的には結局の所、自分のスタイルやデザインが好きかどうかの好みになるくらいどちらのテーブルには魅力はあるかと思います。





実際に使ってみた

ベルン トレッキングパット レビュー

テーブルにはシングルバーナーやシェラカップ、メスティンなどソロでの食事であれば問題ない大きさです。

トレッキングパッド レビュー

ちょっとテーブルを移動したいなと感じた時も本体をそのまま持ち上げても爪にしっかり固定されているので意図しないとじこみもありません。

あき
フィールドホッパーの時は移動する時はしっかりと両端を持つか物をどかせないといけなかったからこれは楽

トレッキングパッドレビュー

そしてなによりキャンプの雰囲気にマッチするこのデザイン性。

キャンプサイトに自然に溶け込みます。





まとめ

トレッキングパッドのおすすめポイント

  • 本体重量が軽い
  • 本体が薄い
  • 小さくても実用的
  • 収納ケースがそのままカッティングボードになる
  • 風防としても使えるので荷物も減らせる

トレッキングパッドの注意点

  • この手のテーブルにおいては組み立て時間を要する

いかがでしたでしょうか?

またまた同じようなテーブルが増えてしまいました。

完全にキャンプ沼にハマっております。

しかし似たようなテーブルといってもテーブル一つ一つに個性がありメリット・デメリットがあります。

特にトレッキングパッドに置いてはその重量からミニマムキャンパーや登山キャンプをする人に特におすすめしたいギアですね。

デザイン性も良いので所有欲を満たしてくれます。

他のミニテーブルのレビューもあるのでよろしかったらご覧ください。

関連記事
耐熱テーブルにもなるのにおしゃれで軽量コンパクト!ベルモントの「ヤマタク」がソロキャンプにおすすめな理由!

続きを見る

あき
それではまた。楽しいキャンプライフになりますように。





\このページをSNSでシェアする/

-テーブルギア

Copyright© ひとりキャンプ部 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.