玉川キャンプ村ソロサイト

オートキャンプ場 キャンプ場 区画サイト 場内温泉 山梨 湖・川 直火可 釣りができる

2021/7/14

【山梨】都心から2時間!山梨の穴場キャンプ場、玉川キャンプ村でソロキャンプしてきた┃釣り、予約方法、混雑状況、おすすめサイトは?

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 魅力的なキャンプ場が数多く集う山梨県。 富士山、湖、夜景など自然の魅力がたっぷりあり僕自身も山梨県が大好きです。 今回ご紹介するのは東京と山梨の県境にある都心から2時間程度の穴場キャンプ場、「玉川キャンプ村」を紹介していきます! 目次1 玉川キャンプ村の魅力1.1 都心から2時間で行ける好アクセス!1.2 キャンプ場に露天風呂がある1.3 川遊びが可能!子どもが遊べる遊具も!1.4 釣りができる2 玉川キャンプ村の紹 ...

続きを読む

【山梨】四尾連湖キャンプ場でソロキャンプ!○つの魅力や料金、混雑情報、注意点を公開!

キャンプ場 フリーサイト 夜景 山梨 湖・川 釣りができる

2021/6/3

【山梨】四尾連湖キャンプ場でソロキャンプ!3つの魅力や料金、混雑情報、注意点を公開!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 四尾連湖しびれこキャンプ場はかの有名なキャンプアニメ「ゆるキャン」で一躍名が広まったことで知られるキャンプ場です。 かつては知る人ぞ知る穴場のキャンプ場だったのですがアニメ効果や昨今のキャンプブームで今ではすっかり有名となりました。 遅ればせながらそんな四尾連湖キャンプ場にソロキャンプに行ってきましたのでその魅力を紹介していきたいと思います! あき夜景の見える温泉も紹介するよ〜 目次1 四尾連湖キャンプ場の魅力1.1 ...

続きを読む

ソロキャンプ用のウッドテーブル,リトルブレイクスタンドのレビュー

キャンプギア テーブル ネイチャートーンズ

2021/5/27

超便利!おしゃれでコンパクトになる多機能テーブル、ネイチャートーンズのリトルブレイクスタンドのレビュー

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさんキャンプでテーブルは何を使っていますでしょうか? 僕はバイクでキャンプがメインなのでコンパクトに折り畳めるテーブルを多く持っています。 僕はキャンプ用のテーブルだけでも8種類は持っているくらい大のテーブル好きです。 今回は今まで使ったテーブルの中でも特に使い勝手の良かったネイチャートーンズのリトルブレイクスタンドの紹介をしたいと思います。 ネイチャートーンズとは? 福井県に本社を構え、金属製品などに特殊コーテ ...

続きを読む

ソロキャンプにおすすめなウォータージャグ

キャンプギア モンベル

2021/5/27

【ソロキャンプに最適】コンパクトに折り畳めるジャグ!?モンベルのウォータージャグがキャンプでおすすめな理由

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさん、キャンプでウォータージャグは使っていますでしょうか? ウォータージャグってかさばるし、重いし必要なときにだけ水を汲みにいくから必要ない!って思う方もいるかもしれません。 僕は年間50泊以上キャンプに行きますがその中で確立したスタイルとしてなるべくキャンプサイトから動かないサイト作りというのを目指しています。   確かにウォータージャグはかさばるし重いものも多いとは思いますがそこはバイクでいつもソロ ...

続きを読む

キャンプギア テーブル ベルモント

2021/5/25

耐熱テーブルにもなるのにおしゃれで軽量コンパクト!ベルモントの「ヤマタク」がソロキャンプにおすすめな理由!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 ソロキャンパーの皆さん! 普段ミニテーブルって何を使っていますでしょうか? 有名どころで言えばSOTOのフィールドホッパーやキャプテンスタッグのアルミローテーブルあたりが人気ですよね。 あきもちろん僕も両方持っています ただアルミも無骨でいいけど自然と調和するようなウッドテーブルも捨てがたいです。 今回僕が紹介するのはキャンプの雰囲気に絶妙にマッチする木製のベルモントの「ヤマタク」というミニテーブルをレビューしていき ...

続きを読む

焚き火用手袋がおすすめな理由

キャンプギア

2021/5/25

【焚き火手袋】コスパ最高!耐熱性バツグン!焚き火での使用に特化した「エクストラガード焚き火」がおすすめな理由

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさん焚き火をしたり熱いものを持つ際に耐熱手袋は使っておりますでしょうか? 耐熱手袋は熱さから手を守るのはもちろんペグをハンマーで叩いたり薪割りやフェザースティックを作るときに手を保護するためにも使用でき以外と使用シーンは多いものです。 あきただ焚き火手袋って分厚かったりサイズが大きかったりと可動性がしっくりこないものもある・・・ 安全の面では仕方ないとはいえやっぱり取り回しは重要だよねこつぶ ですよね・・・。僕も ...

続きを読む

ソロキャンプで山ケトル

キャンプギア ユニフレーム

2021/5/25

【軽量・コンパクト】コーヒーを美味しく。ユニフレームの山ケトルがソロキャンプで使うのにおすすめな理由!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 皆さんキャンプでケトルって使っていますか? 僕はキャンプを始めてから約2年近くケトルというものに興味がありませんでした。 しかし最近キャンプでコーヒー作りにハマってしまってしまったんです。 昔はマグやシェラカップなどにお湯を入れてドリップしていたんですがお湯の出方も不規則でカップの縁を伝ってお湯が垂れなんか汚い・・・ あきどうせだったら美しくお湯を注ぎたい! そう思い始めてしまったんです。 そこでいろいろなケトルを検 ...

続きを読む

富士見の丘オートキャンプ場のブログ,混雑,サイト状況

お湯が使える オートキャンプ場 キャンプ場 フリーサイト 区画サイト 夜景 富士山が見える 静岡

2021/5/19

【静岡】夜景と富士山が眺められる富士見の丘オートキャンプ場でソロキャンプ┃混雑情報・周辺温泉・予約方法は?

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 キャンプといえば富士山! と勝手に思っているのは僕だけでしょうか。 今回はそんな壮大なる富士山をかなり近い距離で見ることができる静岡県富士市の富士見の丘オートキャンプ場の魅力をたんまり紹介していきたいと思います! なんでも公式ツイッターによると2021年にオープンしたばかりの新しいキャンプ場とのことです。 それではレビューしていきましょう〜! おすすめのサイトももちろん公開!こつぶ 目次1 富士見の丘オートキャンプ場 ...

続きを読む

オートキャンプ場 キャンプ場 湖・川 直火可 群馬

【群馬】大迫力の滝を求めて・・・。野栗キャンプ場(別名:竜神の滝キャンプ場)行ってきた。

2020年8月13日

\このページをSNSでシェアする/




突然ですがキャンプ地といったらどういうロケーションを想像しますか?

湖や草原、海や山、森の奥でひっそりと・・・それぞれの好きなロケーションがあるかとは思います。

今回紹介するのは大迫力の滝がキャンプ場からすぐに見える場所にある野栗キャンプ場(別名:竜神の滝キャンプ場)の紹介です。

あき
そういえば滝の見えるキャンプ場ってまだ行ったことなかったな

野栗キャンプ場(竜神の滝キャンプ場)の魅力

野栗キャンプ場は群馬県の上野村にあるフリーサイトのオートキャンプ場です。

キャンプ場には大蛇が棲むという伝承のある竜神の滝があることから利用者からは竜神の滝キャンプ場とも呼ばれています。

竜神の滝はキャンプ場から徒歩1〜2分で行ける距離にあり、大きい滝ではないもののその迫力は圧巻です。

しかも野栗キャンプ場はチェックイン、チェックアウトともにフリーで好きな時間に出入りすることができるようで管理人不在のときに設営しても後から料金を支払えばOKとのことでした。

また、廃材ではありますが100円で薪が使い放題なんです。直火もOKなので秋冬なんかは暖もずっと取れるので特に嬉しいサービスですね。

宿泊代もバイク500円、車1000円で一泊できる料金設定も魅力的です。

受付

国道299号から脇道に入りバイクを走らせること数分、野栗食品という個人商店が野栗キャンプ場の受付となっています。

事前に情報を調べてなかったらうっかり通り過ぎてしまいそうですね・・・笑

チェックインは店内のカウンターにいき氏名・住所を書いてチェックインは終了です。バイクだったので500円でした。

あき
安すぎる!これは助かるわ〜

キャンプサイト

受付を済ましたらバイクで更に進みます。住宅街だったのに一気に風景が変わります。

キャンプ場は二手の道に分かれており上段と下段に分かれています。

このまま真っ直ぐ進めば上段サイトです。上段は広々とした炊事場や薪小屋のある利便性のあるサイトとなっています。上段のほうが広けているので人も多いです。

下段は川が目の前に流れ人も比較的少ないですが結構狭いです。静かにキャンプしたい方におすすめです。

下段サイト

下段サイトの様子がこちらです。大きいテントは設営できないかもしれないです。

流れる川も下段サイトであれば近くで観ることができます。

上段サイト

上段サイトはこんな感じ。下段サイトと違い車でも行き来しやすいので人が集まります。

キャンプ場自体も広くはないので密度は高く感じられますがまあそこはしょうがないですね。

てことで今回は上段サイトで設営しました。

川は見にくいですが今回は滝がメインなので気にしない。

本当は下段サイトでイスに座ったら柵で川が見えなくなったからだけどな
こつぶ

ペグの刺さりやすさ

注意点としてこちらのキャンプ場、地面が固くペグがめちゃくちゃ刺さりにくいです。

左側は鋳鉄ペグ、右側がアルミペグを限界まで差し込んだ様子です。アルミペグはまず刺さりませんので鋳鉄ペグは必須です。

運良くペグが刺さりやすかった場所でもこんな感じです。奥まで差し込むのは難関かと思います。

この土の硬さで通常より+15分くらい設営に時間が掛かってしまいました。幸いにも河原ということもあり周辺に大きな岩もあるので岩でロープを結びつけるという方法も取れます。

売店

売店は受付をした店内にあります。

店内にはお菓子やお酒、カップ麺、調味料などがおいております。

肉や惣菜などは置いていなかったのでキャンプ場でしっかりとした調理をしたいというからは事前にコンビニ、スーパーで買っておくと吉です。

ちなみに野栗キャンプ場からは車で一時間くらい走らせないとコンビニなどがないので買い忘れなどはないようにしておきたいところです。

施設

炊事場

炊事場は上段サイト側に一箇所のみあります。お湯は使えず水のみです

一箇所といってもキャンプ場が小さいのでどこに設営してもそれほど遠い距離には感じないかと思います。

蛇口は4つありますが利用人数に対して数は少ないので洗い物などは夜のうちに済ませて置いたほうがいいですね。朝は混み合っていました。

トイレ

トイレはキャンプ場に上がる手前に一箇所のみあります。

男性用小便器は一つありました。

トイレ内は嫌な臭いもせず自分は気にせずに使えました。

安心の様式トイレもあります。

ゴミ捨て場

野栗キャンプ場にはゴミ捨て場はありません。

責任を持ってゴミは持ち帰るようにしたください。

灰は炊事場の釜戸に捨てていいとのことでした。

薪小屋

上段サイトには薪小屋があります。この薪はなんと使い放題で好きなだけ持ち運びがOKです。

すべて廃材なので形は不揃いで使いにくいものもありますがしっかりと乾燥しており焚き火をするには十分な状態ではありました。

薪は無料というわけではなく一回につき100円を支払うことで好きな量だけ持っていくことができます。

僕は大きめのバッグに大量に薪を詰め込みました。

竜神の滝

さてさて一通りキャンプ場を見て回ったところで野栗キャンプ場が竜神の滝キャンプ場とも呼ばれる由縁ともなって龍神の滝でも見に行くことにしましょう。

竜神の滝はキャンプ場の更に奥へ進んだところにあります。奥と行ってもキャンプ場から出て数十メートルの距離なので徒歩でもラクラク行ける距離です。

見えてきました!これが竜神の滝です。

写真なので音を伝えられないのが残念ですが滝らしく逞しい音が爽快でした。自然の素晴らしさ、神秘さに心が洗われます。

落差は約20メートルほどで滝壺で川遊びができるので夏などは水遊びのアクティビティも楽しめますね。

引きのアングルでもう一枚。

マイナスイオンがたっぷりですよもう。

冬には滝ごと凍結することもあるそうでまた冬の時期にでも立ち寄りたいですね。




キャンプの様子

本日はキャンプ仲間とソログルキャンです。

早めの焚き火もして雰囲気はいい感じです。

夕飯は簡単に市販のチャーシューを湯煎で温めて茹で卵をご飯に載せただけのチャーシュー丼です。

焚き火でご飯を炊き、湯煎もしましたが焚き火調理ってワイルドですよね。

ここでもスノピのアルミクッカーを重宝しています。シルバーだった容器が徐々に焚き火で黒くなっていく感じがギアを育てているようで愛着が湧いてきます。

ちなみにキャンプの様子の写真はこの後撮っていなかったようで例のごとく酔っていて忘れていたようです。

てめぇーはよぉー
こつぶ
あき
ごめん・・・

てことで気づいたときには朝でした・・・。

周辺温泉施設 「野栗沢温泉」

野栗キャンプ場から車で約5分ほどの距離に「野栗沢温泉」があるようです。

利用料金も500円で安いのですが残念ながらコロナの影響で臨時休業中でした。いつかまた営業菜館したときに行ってみたいです。

野栗沢温泉:群馬県多野郡上野村大字野栗沢506

まとめ

野栗キャンプ場のおすすめポイント

  •  超間近で見れる竜神の滝が圧巻
  •  薪が100円で使い放題
  •  直火OK
  •  料金設定が安い

野栗キャンプ場の注意点

  •  土が超硬い(鋳鉄ペグでも厳し目)
  •  シャワーがない
  •  周辺にコンビニ・スーパーがない(受付の売店に食料はある)

いかがでしたでしょうか?

野栗キャンプ場はマイナスイオンをたっぷりと感じることのできるキャンプ場で設備もしっかりと整って焚き火を延々と楽しめるキャンプ場です。

野営感の強いキャンプ場なのでおしゃれにキャンプがしたいという方には向いてないかもしれませんが野営的なキャンプをしたいという方にはおすすめしたいキャンプ場です。

あき
それではまた。楽しいキャンプライフになりますように。

 

キャンプ場データ
キャンプ場 野栗キャンプ場(別名:竜神の滝キャンプ場)
住所 群馬県多野郡上野村新羽831
営業期間 4月〜11月
予約方法 不要
チェックイン/アウト IN フリー/OUT フリー
サイト状況 超固めの土(鋳鉄ペグでギリ刺さるか刺さらないか。)
気温(7月中旬)※参考 MAX28℃、MIN21℃
直火 OK
炊事場 一箇所/水のみ
トイレ 一箇所/様式
シャワー なし
周辺温泉施設 野栗沢温泉
ゴミ すべて持ち帰り/炭捨てば場あり。
電波状況(au) ★★★★(良い)
掛かった費用
入場料(バイク) @500(車は@1000)
薪(使い放題) @100
合計金額 =600円

 




\このページをSNSでシェアする/

-オートキャンプ場, キャンプ場, 湖・川, 直火可, 群馬

Copyright© ひとりキャンプ部 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.