グリルアタッシュ炭火焼き

キャンプギア ロゴス

2021/10/16

キャンプと言ったら炭火焼き!ロゴスのグリルアタッシュminiがソロキャンプだと便利すぎたのでレビュー!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさん普段キャンプに行くときはどのようなキャンプ飯を楽しんでいますでしょうか? シングルバーナーで調理、焚き火をつかって高火力な豪快な調理、はたまたコンビニやスーパーで簡単に済ませる人いろんな楽しみ方があるかと思います。 どれも美味しそうですが忘れてはならない調理方法といったら、、、、そう炭火焼きではありませんか? 炭火焼きは遠赤外線効果でじっくり肉や魚を焼くことで外はカリッと中はジューシーに誰でも簡単に美味しくで ...

続きを読む

成田スカイウェイBBQ飛行機

オートキャンプ場 キャンプ場 フリーサイト 千葉

2021/10/16

【千葉】成田スカイウェイBBQでソロキャンプ!広大な大地と飛行機の飛び交う空の下で。|無料シャワー付き!?混雑状況、予約方法は?

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 季節は10月上旬。 僕にとって本格的なキャンプシーズンの到来です。 ただ10月上旬って紅葉にはまだ早いし富士山の冠雪もまだだし何だか自然を楽しむには中途半端な時期なんですよね。。。 そんな中、敢えて”何もない”をコンセプトにしたまさにこの時期にピッタリで広大な大地でのびのびできるキャンプ場があったんです! そのキャンプ場は「成田スカイウェイBBQ(キャンプ)」! なんと2021年6月にオープンしたばかりのニューフェイ ...

続きを読む

玉川キャンプ村ソロサイト

オートキャンプ場 キャンプ場 区画サイト 場内温泉 山梨 湖・川 直火可 釣りができる

2021/7/14

【山梨】都心から2時間!山梨の穴場キャンプ場、玉川キャンプ村でソロキャンプしてきた┃釣り、予約方法、混雑状況、おすすめサイトは?

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 魅力的なキャンプ場が数多く集う山梨県。 富士山、湖、夜景など自然の魅力がたっぷりあり僕自身も山梨県が大好きです。 今回ご紹介するのは東京と山梨の県境にある都心から2時間程度の穴場キャンプ場、「玉川キャンプ村」を紹介していきます! 目次1 玉川キャンプ村の魅力1.1 都心から2時間で行ける好アクセス!1.2 キャンプ場に露天風呂がある1.3 川遊びが可能!子どもが遊べる遊具も!1.4 釣りができる2 玉川キャンプ村の紹 ...

続きを読む

【山梨】四尾連湖キャンプ場でソロキャンプ!○つの魅力や料金、混雑情報、注意点を公開!

キャンプ場 フリーサイト 夜景 山梨 湖・川 釣りができる

2021/6/3

【山梨】四尾連湖キャンプ場でソロキャンプ!3つの魅力や料金、混雑情報、注意点を公開!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 四尾連湖しびれこキャンプ場はかの有名なキャンプアニメ「ゆるキャン」で一躍名が広まったことで知られるキャンプ場です。 かつては知る人ぞ知る穴場のキャンプ場だったのですがアニメ効果や昨今のキャンプブームで今ではすっかり有名となりました。 遅ればせながらそんな四尾連湖キャンプ場にソロキャンプに行ってきましたのでその魅力を紹介していきたいと思います! あき夜景の見える温泉も紹介するよ〜 目次1 四尾連湖キャンプ場の魅力1.1 ...

続きを読む

ソロキャンプ用のウッドテーブル,リトルブレイクスタンドのレビュー

キャンプギア テーブル ネイチャートーンズ

2021/5/27

超便利!おしゃれでコンパクトになる多機能テーブル、ネイチャートーンズのリトルブレイクスタンドのレビュー

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさんキャンプでテーブルは何を使っていますでしょうか? 僕はバイクでキャンプがメインなのでコンパクトに折り畳めるテーブルを多く持っています。 僕はキャンプ用のテーブルだけでも8種類は持っているくらい大のテーブル好きです。 今回は今まで使ったテーブルの中でも特に使い勝手の良かったネイチャートーンズのリトルブレイクスタンドの紹介をしたいと思います。 ネイチャートーンズとは? 福井県に本社を構え、金属製品などに特殊コーテ ...

続きを読む

ソロキャンプにおすすめなウォータージャグ

キャンプギア モンベル

2021/5/27

【ソロキャンプに最適】コンパクトに折り畳めるジャグ!?モンベルのウォータージャグがキャンプでおすすめな理由

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさん、キャンプでウォータージャグは使っていますでしょうか? ウォータージャグってかさばるし、重いし必要なときにだけ水を汲みにいくから必要ない!って思う方もいるかもしれません。 僕は年間50泊以上キャンプに行きますがその中で確立したスタイルとしてなるべくキャンプサイトから動かないサイト作りというのを目指しています。   確かにウォータージャグはかさばるし重いものも多いとは思いますがそこはバイクでいつもソロ ...

続きを読む

キャンプギア テーブル ベルモント

2021/5/25

耐熱テーブルにもなるのにおしゃれで軽量コンパクト!ベルモントの「ヤマタク」がソロキャンプにおすすめな理由!

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 ソロキャンパーの皆さん! 普段ミニテーブルって何を使っていますでしょうか? 有名どころで言えばSOTOのフィールドホッパーやキャプテンスタッグのアルミローテーブルあたりが人気ですよね。 あきもちろん僕も両方持っています ただアルミも無骨でいいけど自然と調和するようなウッドテーブルも捨てがたいです。 今回僕が紹介するのはキャンプの雰囲気に絶妙にマッチする木製のベルモントの「ヤマタク」というミニテーブルをレビューしていき ...

続きを読む

焚き火用手袋がおすすめな理由

キャンプギア

2021/5/25

【焚き火手袋】コスパ最高!耐熱性バツグン!焚き火での使用に特化した「エクストラガード焚き火」がおすすめな理由

あきこんにちは。ひとりキャンプ部ブログ管理人のあき(@aki.camp_life)です。 みなさん焚き火をしたり熱いものを持つ際に耐熱手袋は使っておりますでしょうか? 耐熱手袋は熱さから手を守るのはもちろんペグをハンマーで叩いたり薪割りやフェザースティックを作るときに手を保護するためにも使用でき以外と使用シーンは多いものです。 あきただ焚き火手袋って分厚かったりサイズが大きかったりと可動性がしっくりこないものもある・・・ 安全の面では仕方ないとはいえやっぱり取り回しは重要だよねこつぶ ですよね・・・。僕も ...

続きを読む

キャンプ場 区画サイト 湖・川 長野

【長野】まるで宝石のように綺麗なエメラルドグリーン色の川?神秘の阿寺ブルーに魅せられて。阿寺渓谷キャンプ場に行ってきた。

2020年5月9日

\このページをSNSでシェアする/




 

あき
心を洗われたい
急にどうしたお前
こつぶ

キャンプと言えばその広大な自然、普段見慣れない素晴らしい自然美の中過ごす時間も魅力的ですよね。

あき
いやぁなんかこう神秘的な場所でキャンプがしたいなーって
そんなに心が現れたいのなら阿寺渓谷キャンプ場ってとこがオススメだな。
こつぶ

阿寺渓谷キャンプ場の魅力

阿寺渓谷キャンプ場は長野県の木曽郡大桑村にあるキャンプ場です。ここのキャンプ場の特徴は標高1,000mの山奥にあるのでとても緑が溢れており、その渓谷に流れる川は「阿寺ブルー」と呼ばれていて肉眼でもまるで漫画の世界にいるかのようなエメラルドの川の見れるキャンプ場となっています。

空気もとてもキレイで夜になると星が一面に広がり、夏は川へ入ったり、秋になる頃には紅葉も見れるので営業シーズン中はいつでも楽しめるようなキャンプ場となっています。

受付

東京から下道でバイクで行くこと約7時間、、、阿寺渓谷へ到着しました。

7時間ってお前・・・
こつぶ
あき
最長記録だった、マジで疲れた
心を洗われたくなる訳だな
こつぶ

上の画像にある案内板まで進んだら阿寺渓谷キャンプ場までもう少しです。大体この地点からキャンプ場まで約6.3kmほどあります。山道は一本道となっており車が一台すれ違えるかどうかの細い道となっています。万が一すれ違ってしまったら一方が下がらなければいけないので注意が必要です。

すれ違ったとしても一応所々待避所はありますので安心してください。その待避所から一旦バイクを停めて少し歩いてみました。

あき
おお、これが阿寺ブルー・・・

このように待避所から少しあるくだけで様々な撮影スポットがあります。これらの画像は一切加工していません。肉眼でこのようなエメラルドグリーン色をした川を見ることができてしまうんです。光の当たる部分とそうでない場所で水の色が変わり思わず息を飲み込んでしまうほどキレイな色をしています。

阿寺川を十分に堪能しながらそのまま登っていくと阿寺渓谷キャンプ場に到着しました。

こちらが受付です。木でできた小屋のような受付ですね。自然の中に溶け込んでおります。こちらでチェックインを済ませましょう。

キャンプサイト

ここのキャンプ場は区画サイトとなっており、サイトの前に車やバイクを停めて荷物を運ぶことになりますが駐車場は基本的に区画サイトとほぼ横付けされているので荷物の持ち運びに苦労することはなかったです。

ここのキャンプ場は主に3構成の区画からなっておりそれぞれ『山側サイト(4000円)』、『川側サイト(4000円)』、『人気川側サイト(5000円)』の3つを予約時に決めるのですが阿寺ブルーを近くで眺めることが出来るのは人気川側サイトだけなので注意です。

自分が行った時は知らずに安い方の川側サイトを選んでしまっていました。こちらの画像は川側サイトの比較的川が見えやすいサイトなのですが立ち上がればなんとか川が見れました。。奥にもう1組グルキャンの方が居ますがここが人気川側サイトとなっています。川目当てで近くで見たいということはプラス1000円払ってでも人気川側サイトを選んだ方がいいですよ。

あき
椅子に座ると見えなくなってしまう・・・
詰めが甘いんだよ君は
こつぶ

川側サイトはこのように段差が多くあり木々も多く林間サイトになっています。どこのサイトになるかは受付時に初めてわかるのですが空いていれば場所の融通は聞いていただけまして自分の時は最初は川から離れた場所だったのですが先程の写真のように川から比較的近い場所に移動してほしいというわがままに気持ちよく応えてくださいました。

施設

炊事場

炊事場はこちらです。たわしや洗剤は備え付けがあるようですね。お湯は使えません

美顔水

 

ちなみにここのキャンプ場、水道はあるのですが美顔水と呼ばれる森林の奥の岩間から流れ出ている湧き水もあり、なんでもその昔阿寺山を管理するため遠く小張藩より派遣された役人の奥方がこの冷水を使ったところ見違えるほど色白の美人になって帰ってきたので美顔水と呼ばれるようになったそうです。

あき
ここでお酒を冷やして飲むのも美味そうだねぇ

ちなみにバンドックから折りたたみで小さく傾向できるウォータージャグが出ておりますので良かったら下記の記事も見てみてください。


トイレ

山奥のキャンプ場ですがトイレはこのようにかなり清潔に清掃されております。

大便用トイレはボットン式ですね。

ちなみに阿寺渓谷キャンプ場は電気が通っていないキャンプ場です。夜中トイレをする時はソーラー発電で蓄えた電力でトイレの電気を付ける必要がありますが万が一に備えてヘッドライトや懐中電灯など手元を照らせるライトがあるといいですね。

注意

阿寺渓谷キャンプ場には電波が一切入っておりません。山奥なのでどのキャリアの電波も入らないので予めご留意ください。

ゴミ捨て場

阿寺渓谷キャンプ場にはゴミ捨て場はありません。各自で出したゴミは各自でしっかりと持ち帰る必要があります。炭捨て場はありますので残った炭はここで捨てることが可能です。




キャンプの様子

阿寺渓谷キャンプ場はキャンプ仲間の同僚と行ってきました。区画は狭かったのでテントを二つ張ることはできず先輩キャンパーのサーカスをお借りすることになりました。

焚き火はいいものですね。焚き火の爆ぜる音と川のせせらぎが聴こえてきます。

夜は更け寒くなってきたのでテントの中へ移動。この時の季節は11月上旬。気温は1℃ほどしかありませんでした。標高100m上がるごとに気温は約0.6℃下がると言われています。夏はいいですが秋頃は真冬並みの寒さになるので紅葉目当ての方は防寒対策をしておきましょう。

キャンプめし

寒い冬には鍋につきます。冬の寒空の中、土鍋で食べるすき焼きはとても美味しかったのを覚えています。

まとめ

川がとても綺麗、星もとても綺麗、美顔水も楽しめるといった綺麗づくしのキャンプ場。山奥で電気もなく、夏季以外はだいぶ冷え込むのである程度キャンプ慣れしている方であればとてもオススメ出来る最高のキャンプ場でした。

一度行けばまるで漫画の世界からと飛びだしたかのようなエメラルドグリーン色の川に魅了されること間違えないと思います。川遊びや魚釣りもできますのでお子様も喜びそうなキャンプ場ですね。今度は夏の時期に川で遊ぶためにまた行ってみたいキャンプ場でした。

あき
ではまた。楽しいキャンプライフになりますように。

キャンプ場データ

  • 住所:長野県木曽郡大桑村大字野尻
  • 予約方法:ネット予約( https://www.nap-camp.com/nagano/12321 )
  • 営業期間:4月〜11月上旬サイト
  • 区画サイト(駐車場は基本的にサイト近くに隣接している。)
  • 焚き火:直火不可
  • 炊事場:あり(冷水のみ)
  • トイレ:ボットン式
  • 風呂/シャワー:なし
  • ゴミ:基本持ち帰り。炭は捨てられる。
  • 電波状況(au):☆☆☆☆(圏外)

掛かった費用

  • 区画サイト利用料 @4,000
  • 薪一束@700
    合計4,700円




\このページをSNSでシェアする/

-キャンプ場, 区画サイト, 湖・川, 長野

Copyright© ひとりキャンプ部 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.